日々の美味しい物、作った物などなど。そしてときどきニャンコ。テンポ・プリモ=初めの速さで

いくつになったの?
カケルさんは、2006/11/06に(1歳10ヶ月12日)永眠しました。
みちるさんは、2007/03/07に(1歳9ヶ月26日)永眠しました。
レイちゃんは、2007/10/06に(1歳8ヶ月5日)永眠しました。
2007/01/06パールホワイトちゃん、お迎えしました。
2007/11/25ゴルハムブラックちゃん、お迎えしました。
ユキちゃんは、2009/04/15に(2歳4ヶ月14日)永眠しました。
2009/09/23キンクマちゃん、お迎えしました。
クロガネは、2010/04/07に(2歳5ヵ月6日)永眠しました。
ピリカは2011/07/19に(1歳10ヶ月24日)永眠しました。
2012/04/28ジャンハムブルサファちゃん、お迎えしました。 2012/10/06にゃんこ男子お迎えしました。 コテツは2013/06/26に(1歳3ヶ月1日)永眠しました。 2016/02/21影春(6歳5ヶ月)永眠しました。 2016/05/28にゃんこ女子お迎えしました。
タグ
タグ導入しました。↓の単語をクリックすると、記事に飛びまーす。

いももち ケロリン桶 ベーグル 千島桜 米粉 手作りパン フランスパン 羊毛フェルト 永谷園生姜部  ショコラティエ 三國万里子 チキントマト煮込み ゆめぴりか タンザニア紅茶 グテ 燻製 リリアン セラムン 生姜 刺しゅう ハルくん 北海道牛乳パン カルトナージュ 小樽 ズゴックとうふ Lizbeth見本帳100-110 パンの缶詰め ごぼうスープ ケロロ軍曹 ウール刺繍 裂き織り 東京ばな奈キャラメル味 初病院 セーラームーン パン屋めぐり どんぐり フェリシモ カツゲン タミイボタン アナンさん じゅんじゅんさん Lizbeth見本帳111-120 当選者発表 じゃがいも 皆既月食 カクテルハート 炊き込みご飯 万年筆 スーパームーン リラックマ 華麗 コラージュ 頂き物 ココナッツミルクプリン ロールキャベツ シトラス ガリレオ温度計 シャドークイーン エントリー締め切り セレクトマーケット PASEO パン カーテン タッセル ビーズ織り ロールケーキ はしもとあやの先生 Lizbeth 東京焼きマカロンショコラ ほぼ日 航空祭 ブルーインパルス 圧力鍋 お汁粉 コテツ ストルバイト結石 赤福 パオロボトーニ 編み物 ドルチェグスト こぎん刺し 自家製梅酒 ル・プティ・ブーレ おりぃぶさん 部分日食 多肉植物 銀粘土 ミケさんコースター ねこタワー ニードルポイント パネマ 手作り石鹸 モンタボー 調味料マニア 消しゴムはんこ 梅酒 チゲ スマイルビスケット 変味ペプシ2011 歯医者 タブレット端末 ビーズママ ピクルス いちご編み ハムスター そらまめさん マーガレット イチョウ並木 桜2012 ライ麦 オーバルニットルーム オールドシェイル トマト煮込み はらドーナッツ UchiCafe 初雪クイズ2011 PEPSI オープン 勉強会2011作品展 グリーンスムージー ケストラーさん 1人鍋 オヤ 赤フン ロイズ 年輪 ジョアン コラボ おしどり モレッティ 加湿器 ジャン・ポール・エヴァン なかしましほ そらまめくん デコパージュ ミルフィオリ 柚子 ヒルズ たえさん Couturier 雑貨市 フュージング カレー粉 お雑煮 生チョコクロワッサン スパイラルソックス あみもの プリクションダイエットマルチケア キャンドル ハゲ マフラー ホタテ干し貝柱 デリカビーズ ステンドグラス リズベス フレンチリリアン バッグハンガー 六花亭 ベルンド・ケストラー あとりえシシカス 北海道大学 アイシングクッキー 幸福のチョコレート2012 ビーズステッチ お留守番 さっぱち ハマナカ タティング ハーダンガー 銀杏 rizbeth 病院 白樺水 ピンク たみいぼたん さっぽろ雪まつり 円座 エレポット 豆パン UVレジン シフォンケーキ リバッチ 

プロフィール

チェレスタ

Author:チェレスタ
ボコ改めチェレスタです。札幌市在住。現在ハムさんとは暮らしておりません。趣味は食べる事とゲームと読書と手芸。ヲタクです(笑)ついに念願の猫さんをお迎えしました!

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
うらしっぽ隊
メールフォーム
コメント欄にコメントが入れられない方はこちらからご報告下さ~い!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
銀粘土ワークショップ
Category: 樹脂粘土  
6日の土曜日、以前に樹脂粘土を習っていた、あび先生が
東急ハンズ札幌店で銀粘土のワークショップをするというので
行ってきました♪

銀粘土の国内販売メーカーは三菱マテリアルの「PMC」と
相田化学工業の「アートクレイシルバー」の2種類ありますが
あび先生は三菱マテリアルのインストラクターなのでPMCです。
今回は銀粘土の他に新商品のPMCレスキューと言う柔軟剤を
使えると言うことだったので、夏休みのお子様向けのイベント
でしたが、参加することにしたのでした(^-^;

160806-9.gif

これがその液体。レスキューと言う名前の通り、乾いてしまった
銀粘土を混ぜて練ると再生出来る上に、薄くしても強くなる様で
多種多様な使い方が出来る様になる液体だそうです。

クラフトパンチを使って作るモチーフ見本があったので
それを作ることにしました!小学生の女の子も参加でしたが
いまどきの小学生は選択肢の幅が広くて羨ましいなぁ~。
女の子は型押しで小さいペンダントヘッドを作っていました。
上手だった・・・("゚д゚)<おばちゃん負けてるわー

ローラーで伸ばして薄くした銀粘土をちょっと乾かして
クラフトパンチで抜くのですが、くっついちゃって取れない!
とか、つまようじでつついて取ろうとしたら、形が崩れた!とか
アクシデント満載です。。。。

そんなこんなで出来たのがコチラ。

160806-5.gif

銀粘土は10%ほど収縮するので、一般的なクラフトパンチで
抜いても小ぶりになるので良い感じでした~♪
半分はテクスチャーシートで模様を付けてから抜いてます。
一個多く間違って抜いてしまった(;´∀`)
一応焼く前に穴開けたけど小さすぎるので、ほっそい針金位しか
通りませんわ。

160806-8.gif

着用時はこんな感じ。
結晶1個は1.1cmくらい。
土台をめっちゃ適当につくったせいでクオリティは低めw
そして真ん中は柄無しの方が良かったなー。。。
とかとか反省多めです(^-^;

160806-10.gif

残念ながらPMCレスキュー単体では販売せず、抱き合わせ
販売のみだそうです。あったら楽だから買いましたけどw
PMCフレックスは従来より乾きにくい銀粘土ですが、それでもなんか間違ったー!
とか、あーでもないこーでもないと弄り回す私の様なタイプだと
どうしても乾いてしまうのですよー。

水を少しつけてリカバリー出来ますが、限度がありますからね。
上のタイプの他にカチコチ粘土を再生する用具セットもありました。
ま、私は銀粘土はお遊び程度なのでそこまでコストは掛けられないかな~。
フェリシモの銀粘土の会も始めたので、ぼちぼちやらなくては。

あ、最近登場してませんが、小春ちゃんは元気ですよー!
札幌もここんとこ暑いので、床に落ちてます(笑)

160806-6.gif

近すぎwめんこい^^

Continue

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド    ジャンル : 趣味・実用


銀粘土の残りを使おう!
Category: 樹脂粘土  
先日いじった銀粘土の残りも、その前に開封してちょこっと残った銀粘土も
適切に管理しないとカッチンコッチンに乾燥します。
ええ、当然どっちもカッチンコッチンですよw

でも再生出来るんです。
お水をちょっと付けて練ってみたら・・・。水分量が多い。
しかも手にベッタリと粘土が付くので、とってももったいない・・・。
銀粘土って奴はあんまり水っぽくても扱いにくいのです。
ネットで検索したら、あれこれ試行錯誤していたブロガーさんが
いらっしゃって、記事を参考にさせて貰いました。
銀粘土に直接水を掛けるとどうしても水っぽくなる。 と言う事で
水を含ませたキッチンペーパーを硬めにしぼり 小さい密封容器の底に敷く。
その上に銀粘土を乗せて 数日放置と言う方法でした。
大きい固まりなんかは様子をみて ひっくり返したりして3日後。

今度は水を含ませた粘土をラップに包んで一纏めにして
これまた密封容器の中で数日放置。 するとお互いの水分が馴染んで来ます。
途中でラップのまま 練って見て、水分量をチェックします。粒状の粘土が
混入している場合は よく潰す。水分量が多かったらまた数日放置。。。

と言う感じで、使える堅さになるまで今回は1週間ほど 掛りましたが、扱いやすい
堅さに調整する事が出来ました♪ これなら放置するだけだし簡単です^^

自分の手で造形出来れば良いのですが、私には難しいので今回は
シリコンモールドでの形抜きです。

150524-1.gif

ベースの蝶々はUVレジン用のモールドで抜いたのですが、こんなところで 役に立つとは
資材万歳ですね(笑) お花は前回と同じくシュガークラフト用の型抜きです。
今回は一番小さいお花を散りばめました。 乾燥させた時点では2cm四方程度の大きさですが
銀粘土は収縮するので どれぐらい小さくなるかなー。 焼成前に、やすりがけしたりしたら
チョウチョが真ん中から真っ二つに 割れたりして、阿鼻叫喚でしたがw
ペーストで接着してなんとかなりました。 やすりがけもハンドピースグラインダーを使うと
超簡単です♪ 手でやると時間が掛るのに、面白い様に削れるので削り過ぎ注意ですw

150524-2.gif

 磨いた後、チェーンを付けました。大ぶりなので両脇から吊るすタイプ。
横方向には3mmほど、縦方向には4mmほど収縮しました。
焼く前に埋め込んだ金具の深さに悩みましたが、悪く無かった様です♪
重いかなと思って大きいタイプにしましたが、バランス的に小さい金具でも 良かったな・・・。
右上に後付けでビジューストーンを取り付けました。
色石にしようかなともおもったのですが、あえて同系色で。
 
150524-3.gif


150524-4.gif

残りの粘土でこんなのも出来ました。
バラは1cmちょいなので普段使いに丁度良いサイズかも。
イヤリングの奴は上面を掘って、後からミルフィオリを入れて 再焼成しましたが、小さいサイズは
不透明色しか持ってないので イマイチかな。しかも失透でくすんでるね。小さいから使います。
ハートの方はペンダントヘッドにしても可愛いサイズです。 これで手持ちの銀粘土使い切りー^^

と思いきや、チョウチョに付けた小花の予備と、掘った分の削りカスで ちっちゃーい物なら
作れそうな感じに余ってしまいました(^。^;)
また何時か銀粘土はやるかも・・・。
なにぶん粘土が貴金属で高いので そうそう買えないので、また何時か・・・。

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用


銀粘土をいぶし加工してみる
Category: 樹脂粘土  
純銀粘土をネットで買った時に、今は無き「雄鶏社」の指南本が
付いてくると言う嬉しい特典があって、その本を見てぜひやって見たい
手法があったのですが・・・。加工に必要な薬液が近くに売って居なく
ネットで入手しました。

150412-6.gif

それがこの「アンモニア水」右の小さい点眼容器に入ったのが「いぶし液」
アンモニア自体は劇薬なので薬局で販売出来ないのは解りますが
アンモニア水は希釈されてるので、人体に害は無い液体なのですが
なぜか薬局で売って無い。主な使用用途は「虫さされ」なんですよ。
なのに売って無い。へんなのー。
500mlと言う大容量・・・一生あるなコレwww

通常、銀をいぶし加工すると真っ黒な色になるのですが
(クロムハーツとかカッコイイ系の銀製品がそうです)
このアンモニア水といぶし液を併用すると、漬け時間によって
黄色~赤~青~黒と変化するとあったのです。
これがとても美しい金属系の青色で。。。ぜひやって見たくなったのです!!!

150412-4.gif

今回銀粘土を型抜きして作ったパーツはコチラ。
電気炉で焼いた後、軽くブラシ掛けしただけなのでまだ輝きはありません。
この状態でいぶして見たら、綺麗に行かなかったので再びブラシ掛け。
いぶし加工は金属ブラシで擦ると簡単に剥がれます。

何度か磨き直しながら、やってみましたが上手くいかないので
鏡面加工までしてしまってからやって見る事にしました。
そこで登場するのがこのブラシ!

ラジアルディスク #600~#800 (ピンク)ラジアルディスク #600~#800 (ピンク)
()
3M(スリーエム)

商品詳細を見る


以前に樹脂粘土のあび先生から教えて貰って、ピンクとグリーンの
2本だけ買っていた、ハンドルーター用の研磨剤入りのブラシです。
この従来の製品には無いギザギザの加工が入りこんで細かい部分まで
綺麗に磨けるんですって。

ピンクとグリーンだけでは鏡面に出来なかったので(^。^;)
他の色も買って来ました。紙やすりと同じで低い番手から大きい番手に
切り替えて磨きます。
このブラシ、シリコン製で柔らかいので手にあたっても痛くないし良いです♪

150412-5.gif

写真では解りにくいですがピカピカになりましたー♪
一番小さいお花は3つくっ付けて、シルバーペーストでくっつけて再焼成して
みました。穴開けは本来銀粘土を焼く前にするものなんですが、急遽違う
方向性になったので、焼成後穴開けしてみました。ハンドピースグラインダー
大活躍です。が、再焼成した3つ小花の奴は、硬くて大変で1時間くらい
格闘しました(゜ー゜;A 銀粘土、再焼成すると強度が上がるんですな。

それでは再びいぶします・・・。
・・・うーん。。。いぶし液との相性とかもあるのかなぁ。
お湯の温度もちゃんと温度計で測ってるのに、本の様な綺麗な青に
なりません・・・。不注意でいぶし液が残り僅かになったので
(点眼容器の上の蓋じゃなくて、下の大きい口の蓋を開けたまま
お湯に入れてしまったーーーーー!!!ほとんど無くなった(-_-;))
今回はこんな感じで終了にします。

20150413-2.jpg

右側のお花がちょっとだけ蒼みが出てますが、前面こんな感じに
したかったのです。
撮影が難しくて肉眼での色とは違う感じの写真なんですが
大きいお花は、銅色に近い感じのオレンジ系。
3連の小花はゴールドに近い黄色です。

20150413-1.jpg
20150413-3.jpg

とりあえず、こんな感じで組み立てました。
3連小花の方は、こうして見たらなんかやっぱ違うのでビーズを組み合わせようかな。
他の2つのお花は外して単独でイヤリングにでも加工予定です。

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用


ポリマークレイのフェイクストーン
Category: 樹脂粘土  
先日の日曜日、東急ハンズ札幌店でポリマークレイ(FIMO)の
フェイクストーンのワークショップがあったので、久しぶりに
粘土を触ってきました~。

講師の先生は以前に習っていたときの佐々木先生です。
私以外に参加者が居なかったので、おしゃべりしまくり
でしたwww新情報もいろいろあって楽しかった♪



んでもってできたのがコチラ。
ターコイズのフェイクストーンです。
これ、一番最初に教えて貰ったときも作ったんですが
進化してた!!!金箔(もちろんホビー用です)をまぶして
整形するので、更に本物っぽくなってます。

141112-2.gif
【最終研磨前】

研磨の途中で持って帰ってきました。
自宅にルーターがあるので、手でやすり掛けするより楽なので。
ヤスリの後にフェルトで艶出しして終了~。
黒い色の境目のキラキラが金箔です。

141112-3.gif
【研磨後】

判りにくいですが、よーく見比べて貰うと研磨前と研磨後では
形が違うのが判るかな。
艶はまだ甘いですが、デコボコだった表面がいい具合に
テクスチャーが出ました。
そんな感じも天然石っぽいかな。

もっと拘るならツルツルになるまで研磨するんですが
まあこんなもんかな。もう紐通しちゃったし(笑)
FIMOも新商品が出たそうですし、まだ在庫も抱えてるので
なんか作ろうかな~。

以前からガラスと組み合わせて使いたいと思っていた
銀粘土も従来より扱いやすい乾きにくい商品が出ている
そうなので年末にでも仕入れてみようかな・・・。
多くの道具はポリマークレイと併用できるので、必要な道具は
最小限で済むのが良いところです。

--

細かい資材を整理したくて、1年くらい前から目を付けていた
家具をついに買っちゃいました!

141112-4.gif

小さい引き出しがいっぱい!
何よりもカラーが気に入ったのでした。ちょっと予想より奥行きが
あって作業スペースを圧迫しましたが、可愛いので良いのだ!
引き出しの高さは4.5cmです。ぎりぎり入るかな?と思った
rizbeth#20も無事収納できたので、益々増えそうです(;^ω^)あははー

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用


ミルフィオリ風ビーズ
Category: 樹脂粘土  
あれ?製作途中の写真が無いや・・・。
ついったーから拾ってこよう。。。

120602-3.jpg

土曜日、ミルフィオリ風のパーツを作りました。
長い金太郎飴な棒状の物をカットしたのが上のパーツです。
前回はとにかく薄く!でしたが、今回は透過させるのが目的では
無いので1mmスライスです。

ミルフィオリと言うと、本物はイタリアのベネツィアンガラスの
お花模様の棒ガラスをカットしたものなのです。
ミルフィオリを使った本場のアクセサリーや時計は、すっごいかわいい!
のですが、やっぱ本場物はお値段がねぇ・・・。。。
と言う事で長年買えないでいるのですよ。小樽には売ってるんですが。。。

あくまでも”風”ですが、FIMOでフェイクは作れます。
と言う事で、カットしたパーツを土台に貼り付けて作ったパーツは

120602-4.jpg

こんな感じになりました。お花が伸びたねーーー。

うーん・・・。イメージと大分違うなぁ~(-_-;)
本来は一番上の写真の形のまま、崩れずにビーズ状に
なるのが理想なのですが、本ではフィモクラシックを使っており
私が使ってるのはフィモソフトの方なので、やっぱダメだったかなぁ。
(クラシックの方が硬いので、形を崩したくない物の造形に向いて
いるのですが・・・いかんせんあまり売って無い・・・)

色違いでも作って見よう!と作ったら、今度は白色粘土と
透明粘土を間違って使ってしまい、出来あがったらオカシナ模様に
なってしまいました(;´Д`)
まあ、これはこれで・・・と言う事で、ネックレスに仕立てました~。

120603-1.gif

青い方が色違いですが、白い斑点が出てますよね。
青い粘土の外を白粘土で巻いて、透明粘土を窪みに
嵌める。と言うのが本来だったのですが、色が逆になって
しまい、色粘土との境目はボンヤリしさらに白斑点が出来た。
と言う事になってしまいましたー(゜ー゜;A

120603-2.gif

焼く前は白粘土も透明粘土も似たような色なので
間違ったんですな・・・。
使う粘土を最初に纏めて柔らかく練ったので
同じ場所にあったし・・・(-_-;)

まあ、言わなきゃこう言う物なのかと感じかも?
と言う事でこのまま使いました!勿体ないしね。
シマシマの小さいビーズは、端材をマーブリングした物です。
小さいビーズは穴あけが大変だけど、やっぱ小さい方が
可愛いなっ!どうしても大き目パーツになってしまうので
小さく作れるように頑張ろう。

あ・・・模様を崩したくないなら、ちょーっと焼いて生焼けの時に
土台に埋め込めば良いのかも!
金太郎飴はまだ残ってるので、今度やって見ますね(*゜▽゜)ノ

テーマ : 手作りアクセサリー    ジャンル : 趣味・実用