日々の美味しい物、作った物などなど。そしてときどきニャンコ。テンポ・プリモ=初めの速さで

いくつになったの?
カケルさんは、2006/11/06に(1歳10ヶ月12日)永眠しました。
みちるさんは、2007/03/07に(1歳9ヶ月26日)永眠しました。
レイちゃんは、2007/10/06に(1歳8ヶ月5日)永眠しました。
2007/01/06パールホワイトちゃん、お迎えしました。
2007/11/25ゴルハムブラックちゃん、お迎えしました。
ユキちゃんは、2009/04/15に(2歳4ヶ月14日)永眠しました。
2009/09/23キンクマちゃん、お迎えしました。
クロガネは、2010/04/07に(2歳5ヵ月6日)永眠しました。
ピリカは2011/07/19に(1歳10ヶ月24日)永眠しました。
2012/04/28ジャンハムブルサファちゃん、お迎えしました。 2012/10/06にゃんこ男子お迎えしました。 コテツは2013/06/26に(1歳3ヶ月1日)永眠しました。 2016/02/21影春(6歳5ヶ月)永眠しました。 2016/05/28にゃんこ女子お迎えしました。
タグ
タグ導入しました。↓の単語をクリックすると、記事に飛びまーす。

シャドークイーン リラックマ シトラス カレー粉 ウール刺繍 シフォンケーキ 炊き込みご飯 初病院 北海道牛乳パン プリクションダイエットマルチケア 加湿器 ごぼうスープ 1人鍋 コラボ そらまめさん そらまめくん ハゲ フランスパン ミケさんコースター デリカビーズ ブルーインパルス モンタボー ビーズ織り 生チョコクロワッサン 北海道大学 ステンドグラス マーガレット ベーグル 頂き物 カルトナージュ リバッチ ヒルズ タンザニア紅茶 あとりえシシカス 刺しゅう 生姜 カーテン ノールビンドニング ハマナカ スマイルビスケット PASEO 羊毛フェルト スパイラルソックス ライ麦 あみもの ハルくん パネマ グリーンスムージー タティング お汁粉 米粉 ケストラーさん フレンチリリアン オープン Lizbeth見本帳100-110 部分日食 フュージング はらドーナッツ 小樽 千島桜 マフラー バッグハンガー フェリシモ 六花亭 タミイボタン 調味料マニア リズベス チキントマト煮込み パンの缶詰め セレクトマーケット ロールキャベツ アナンさん 雑貨市 イチョウ並木 UchiCafe 初雪クイズ2011 燻製 多肉植物 ズゴックとうふ オーバルニットルーム おりぃぶさん 消しゴムはんこ ピクルス 歯医者 航空祭 皆既月食 カクテルハート お雑煮 リリアン Lizbeth 花編み 勉強会2011作品展 ミルフィオリ こぎん刺し 編み物 変味ペプシ2011 円座 紙バンド お留守番 ジョアン パン ビーズママ ねこタワー UVレジン 永谷園生姜部 当選者発表 ホタテ干し貝柱 パオロボトーニ 手作り石鹸 病院 ココナッツミルクプリン 東京焼きマカロンショコラ トマト煮込み どんぐり ケロリン桶 セーラームーン ハーダンガー 圧力鍋 たみいぼたん じゅんじゅんさん スーパームーン 銀粘土 ほぼ日 ロールケーキ コラージュ ストルバイト結石  赤福 東京ばな奈キャラメル味 エントリー締め切り ショコラティエ 幸福のチョコレート2012 Couturier エレポット ロイズ たえさん ベルンド・ケストラー ビーズステッチ はしもとあやの先生 ラベルニックゲーム 白樺水 ニードルポイント 桜2012 ピンク モレッティ タッセル おしどり じゃがいも 花結び 手作りパン 年輪 rizbeth ドルチェグスト オヤ 万年筆 さっぽろ雪まつり 自家製梅酒 ゆめぴりか 赤フン いちご編み キャンドル パン屋めぐり タブレット端末 ジャン・ポール・エヴァン なかしましほ セラムン アイシングクッキー 裂き織り ル・プティ・ブーレ 三國万里子 豆パン Lizbeth見本帳111-120 コテツ チゲ 華麗 デコパージュ ガリレオ温度計 ケロロ軍曹 柚子 銀杏 ハムスター 梅酒 オールドシェイル カツゲン PEPSI いももち さっぱち グテ 

プロフィール

チェレスタ

Author:チェレスタ
ボコ改めチェレスタです。札幌市在住。現在ハムさんとは暮らしておりません。趣味は食べる事とゲームと読書と手芸。ヲタクです(笑)ついに念願の猫さんをお迎えしました!

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
うらしっぽ隊
メールフォーム
コメント欄にコメントが入れられない方はこちらからご報告下さ~い!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
冷凍パウダーフュージング
Category: ガラス  
ご無沙汰してしまいましたが、具合が悪いとかそう言う事
ではありません。
ブログの記事は会社でヒマな時間に下書きするんですが(コラ)
3月末に斜め後ろの席の偉い人が退職し、席を移動してきた
違う偉い人になったので、書けなくなってしまったんですよ。
前の人は寛容なタイプの人だったのですが、今度の人はきっちり
チェックしてそうなので(^。^;)
以前も書きましたが、ヒマな時は数日ヒマだったりするので
ネットでヒマつぶし出来ないと苦痛でしゃーない。。。

っと、グチはここまで。今後は下書きは家でまとめてすることに
しましょうかね。

先月の中頃、TwitterやFBで繋がっている、猫ボランティアさんから
5月にあるイベントに出品する、ハンドメイド作品のボランティアさん
募集してます。と言うお誘いを受けて、参加して見る事にしました。
とは言え詳しい事はまだ聞いてないので、どうなるか・・・なのですけど。
と言う訳で絶賛試作中なのですけど、私が提供出来る様なモノで
他の方と被らなさそうなモノって、ガラスしか無い訳で。

そらまめさんの小箱を真似て見たり。。。

180413-4.gif

蝶番を付けるタイプは初だったので、トライ&エラーの嵐。
満足行く物が出来るまで1週間掛かりました。
手持ちの外国の切手を使ったらサイズがデカい・・・。5cm角。
もっと小さく。

180413-5.gif

こんな感じかな。うん。これで4cm角。
あ、そらまめさん。パクりだからNG!でしたら取りやめますので・・・。

もういっちょ、フュージングで何か作りたいな。と思ったのですが私の技量では
猫の顔型にガラスをカットする事が出来ず
楕円にカットしたお顔に後付けで耳を添えて焼いてみたら
片耳だけ取れてしまう・・・と言う状態で断念。。。
専用のりでくっつけてるのに何故だ!?

うんうん悩んで試してみたけれど、無理っぽい。
そうだ!以前に動画で見たパウダーフュージングならいけるかも!!!
と言う事でガラスパウダーを取り寄せました。
粉末状のガラスパウダーを型に詰めて、取り出したものをフュージング
する手法なのですが、なんと。。。
冷凍するんですって。水を浸透させたガラスパウダーをシリコン型に
詰めて2時間冷凍。取り出して焼くんです。

本来ならジワジワとゆっくり同じ温度で焼いていくらしいのですが
我が家の電気炉は七宝用の超小型電気炉なので、温度を長時間
一定に保つような機能はありません。
まあ試作するだけしてみましょう。出来たら面白いし♪

ガラスパウダーを容器に入れて水を入れてかき混ぜ
パウダーが沈むまで10分程度放置。水を捨てます。
ガラスは重いので容器をひっくり返しても垂れて来たりしません。
この水を含んだガラスパウダーが昔懐かしい泥遊びの砂に似た感触で楽しい。
考えて見れば砂にもガラス質は入ってますもんね。
冷凍後、型から出して焼成します。カチカチなんでポコっと外れます。

Loでジワジワとゆっくり温度をあげて見る事にします。
このパウダーはブルズアイ社のなので、溶けるのは700~750℃くらいかな。
目標温度まで2時間くらい掛かりました。

スイッチを切ってそのまま一晩放置。。。

180413-2.gif

んー。ちょい焼き過ぎたかな?

180413-1.gif

こんな感じで一回り縮みます。
UVレジン用の薄いモールドなので、ちゃんと焼けてるっぽくはありますが
お耳が溶けて丸くなっちゃった。でもこれはこれで可愛いですけど。
もっとエッジを出した感じもやってみましょう。

今度は700℃MAXで。。。

180413-3.gif

グレーの方は白と黒のパウダーを混ぜてみたのですけど
やっぱり混ざり切ってないのか、斑な感じ。気泡が入ったのもあって御影石っぽい。

どっちも個性が違うので決めきれない・・・(;^_^A
困ったー。
後日、先方の物販担当者さまと会って、小箱とフュージングどちらで行くか
どちらもか。になると思いますが・・・。どっちになるかなぁ。



スポンサーサイト


初めてのランプシェード
Category: ガラス  
先日、そらまめさんからステンドグラスのランプシェードを吊る為の
ランプベースを頂きました。
兼ねてよりランプは作ってみたいと思って居ましたが、ガラスカットの
技術も未熟だった為、これまで実現する事はありませんでした。

まだ失敗もありますが、直線ならばかなり成功する様になったので
今回チャレンジしてみることにしました(^▽^)/
指南本を図書館で借り読み漁り、作り方と必要な部品を頭に入れ
会社のパソコンで図面をひき、設計図作り。

と、そんなこんなしている内に会社の引っ越しが迫り、創作意欲が
湧かず停滞状態でした(;´∀`)
先週で会社の引っ越しも終わり、今日は文化の日と言う事もあったので
朝から型紙を作りガラスカット。

今回はたった6枚切るだけなんですが、ステンドグラスに使う板ガラスは
高価な物も多いので、失敗しないかとドキドキしながらカット。
概ね上手く行きましたが、1枚カットに失敗しガラス工具で成形。
我が家にはまだカットしたガラスを整える、ルーターが無いのですが
直線なのでガラス用の砥石でゴリゴリするくらいで大丈夫。



今回使うガラスは、建材ガラスのフローラのアンバーと、スペクトラム社の
リーミー。透明ガラスに白い流線模様が入ったもの。
手持ちガラスに不透明色のガラスがあまりない為、このチョイスになりました。
お次はテープ巻きでーす。

161103-2.gif

今回はナミナミのコパーテープにしました。
フローラは私が一番好きな板ガラスなので、これはぜひ使いたいと
当初から思って居たのです(o^―^o)

161103-3.gif

こんな感じでカットに失敗したガラスは隙間が開いちゃってますが
ランプシェードなんで問題なし。
はんだ付けしてから古色して完成~。今回はブラックパティーナ。

161103-4.gif

ランプシェードを作るのは初めてですが、単純な構造なのと
事前に段ボールでモールドを作っていたこともあり
わりとすんなりと組み立てられました~。

161103-5.gif

上からみるとこんな感じ。
試験点灯の意味もあり、ずっと付けて居たら電球のフィラメントが切れてしまい
この後、予備で買ってあったLED球に付け替えました。
切れた電球はワット数は範囲内だったはずなんですが、ハズレだったのかしら(;´・ω・)
替えたのはやっすい700円代のLED球なので、ナツメ球と同程度の明るさですが
ベッド脇に設置予定なので、それぐらいの方が目に優しいです。
切れた電球だとちと明るすぎた。。。
(私は目の機能的にまぶしいのが苦手)

気分で代えるのも良いなと思っているので、今度は8枚でやってみたいと
思ってまーす(^^♪収納箱も作りたいなー。

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用


本物の宇宙ガラスゲット♪
Category: ガラス  
去年、東京で開かれたホビーショーの後に、あまりの美しさに
twitterで拡散され、瞬く間に大人気になり入手困難になった
ボロシリケイトガラスのペンダントがありました。

「宇宙ガラス」®
と言う名称の、文字通り宇宙を封じ込めた様なガラスのペンダントヘッドです。

現在は主に抽選制の通信販売とイベントのみでの販売と
言うことで、地方民は買えるわけも無く、只々うらやましく思って居たのですが
なんと札幌で販売会が開催されることが決定!
しかも事前に予約すれば参加の権利を得れると言うではありませんか!
(150名限定)

予約が始まって丸一日経過したころに知ったので、ダメ元で主催の
「三省堂書店 札幌店」さんに電話したところ、まだ参加券が残っていると
言うことだったので、後輩の分と2枚予約!!!
残りわずかでした。危なかったー(;´・ω・)

と言うことで当日を心待ちにしていたのですが、昨日の21日の夕方
行ってきました。サービスカウンターで参加券を引き換え、販売会の場所に・・・

せめてパーテーションくらいあるのかと思ったら、思いっきりオープンな場所で
バーで区切られているだけのブースでした(^。^;)
まあ書店だしそんなもんか・・・。
割り当てられた時間は15分しか無いので、気に入ったものを絞れるか
焦りましたが、最初にコレ好きだなー。って思ったやつにしました。
こういうのはインスピレーションが大事ですよね!

160820-1.gif

ご覧の通り本物です♪

160820-4.gif

黒い方は後輩が購入したもの。
琴似のお気に入りのカフェでお披露目会。

160820-5.gif

惑星は私の方がブラックオパール。後輩の白いのはホワイトオパール
なんだそうです。光の加減や向きによって、表情が全く違います。

・・・綺麗・・・。正に小宇宙。

160820-3.gif

この写真では惑星が赤いけど

160820-2.gif

こっちだと緑。

本物はもっともっと美しいのですが、光源が良くなくて綺麗に撮れなくて
歯がゆいです。。。
これは・・・撮影ブースが必要・・・かな(^。^;)

ボロシリケイトガラスのペンダントは元々特殊な製法なので高価なのですが
宇宙ガラスは更に上乗せドン。3万円代です。直径は2cm程。
でも大満足(o^―^o) こんなに綺麗なんですもの。。。
付属の革紐を通してペンダントにできますが、勿体ないので鑑賞用です♪
また何時か出会えるといいなぁ。

テーマ : ハンドメイドイベント    ジャンル : 趣味・実用


ツイスト棒11~20
Category: ガラス  
20本が終わったと言うのに、いまだ安定しません・・・。
本当に100本引かないとダメかも(^。^;)

11本目からは佐竹ガラスのロッドから、キナリガラスのロッドに
切り替えました。キナリさんは鉛ロッドもソーダロッドも膨張係数が
同じなので、かなーり気が楽です♪
とは言えやはり溶けにくいロッドはあります。

11-15kinari.jpg

No11がウミヘビみたいに見えちゃって毒々しいwww
透明赤のロッドでしたが、引くと茶色っぽくなっちゃった。
発光した感じで写っているのはすべて透明色。
No15は黄色とピンクで・・・と思っていたのに、使おうと思ったピンクが
これまでにないほど大爆発して、ビビって使用中止にしたので
急遽セレクトしたロッドにしたら、パステル系で可愛いけど
かなーりボンヤリしたツイスト棒になってしまった。

16-20kinari.jpg

ここからは手持ちのロッドも混ぜて使用。
私が買ったロッドはCXシリーズと言う、鉛フリーのロッドで
どれも限定色なので無くなり次第終了と言うヤツです。
その為、ビミョーな色のモノが多い。

No17は透明水色のロッドを使ったら、ほとんど色が出ずススも入ったので
なんかただ白いぼんやりした物体になった。
キナリのロッドはシリーズ全体に言える事だけど、かなり柔らかいモノが多い。
佐竹と比べるとデロデロになりやすい。
ちょっと暖め過ぎると、私の技術ではひっくり返すのが間に合わず垂らしてしまう・・・。

引くときもちょっと冷ましてからポンテに付けるくらいじゃないと
本来冷めているはずの根本が冷めてなくて、細くなってしまう事案発生。
伸ばしている先の方に神経を集中してるので、根本までチェック出来ないのです。

No20がポップで可愛くなった^^ビバオレンジ!
21からはレース棒にチャレンジしようと思います。

テーマ : ハンドメイド    ジャンル : 趣味・実用


ツイスト棒1~10
Category: ガラス  
GW中に始めたバーナーワークの練習。
ツイスト棒ノック100本!を目標にちまちま作業しています。
10本終わったので散々たる結果もありますが記録がてら
晒しますねー!(やけくそ)

ガラスロッドには国内産では佐竹ガラスとキナリガラスとありますが
先ずは佐竹から・・・。キナリさんはエレポット時代からのお付き合いなので
多少は触っていますが、佐竹は初です。
メーカーで膨張係数が違うので混ぜて使う事は出来ません。



はい、失敗だらけー。あんまり気にせずに鉛ガラスとソーダガラスを
混ぜて使っていたので、思ったように伸びなかったり途中で固まっちゃったり
焦りすぎて引くスピードが速くて細くなったり。
慣れてないので、溶かしたガラスの玉をあまり大きく作れなかったせいもあります。
3は溶かした玉をくっつけたポンテがあまり熱せられていなかったらしく
伸ばしている途中で根本から外れた・・・(゜ー゜;A 危ないー!

S-05.jpg

ここの途中で気が付く(遅いから(^。^;))同じメーカーだから良いかと思っていたけど
やはり鉛ロッドとソーダロッドは混ぜない方が良いと言う事。膨張係数が違うので
やはり危険。溶け方が違うので作業も失敗しやすい。。。
と言う事に!!!

え、初歩の初歩だって?

まあそうなんですが・・・。あんまり考えてなかったのですよ・・・。
5、6と成功して7が失敗してるのは、ロッドを混ぜたときだったから気が付いたのですよ。
この辺りからガラスも大き目に溶かせるようになって、小さ目の玉だった時には
あまり気が付かなかった、伸びの違いが顕著になってきたのです。
やっと全ロッドを仕分ける。
仕分けた後の8は大成功まであと一歩!って感じまで来て、浮かれたら
9、10でまた失敗。
ちゃんと仕分けたつもりだったけど、溶かしてみたらカッチカチのロッドで
でも溶かしちゃたしエイヤ!と使ったら、これがすっごい相性の悪い組合せ
だったらしく、硬い方のガラスが全く伸びずにベースのクリアともう1色の
濃ピンクだけが引かれ、ガラスロッドに硬い方がそのまま残ると言う
ビックリな体験をしました(^。^;)良く熱したいけど柔らかい方はデロデロで
扱うのが大変な状態なのに、硬い方は赤くはなってもデロデロまでは
行かないままでした。大好きな色だけど、緑系のロッドは特に硬い性質
みたいですぐ固まっちゃう。。。

ロッドに残った奴だけで再度伸ばせないかと温め直したら、膨張係数が違うせいで
境目からボトっと直径1.5cmの玉が落ちてきて、めっちゃビビりました(゜ー゜;A
勿体ないって思ったのが敗因です。今回はまだそんな温まってませんでしたが
事故の元なので気を付けなくては・・・。
落ちた後のロッドにもまだピンクのガラスが残っていたので、それを引いたのが
10番です。

とりあえず最初の10本が終わって、佐竹ガラスの鉛ロッドはほぼ引いたので
11本目からはキナリガラスに切り替えてみることにしました。
メーカーで硬さや性質は違いますし、慣れておかなくては!
それにしてもポンテ用に使っている、クリアガラスがどんどん短くなっていくのが
勿体ない・・・。今度資材を買うときにステンレスポンテも買おう。

テーマ : ハンドメイド    ジャンル : 趣味・実用