FC2ブログ

日々の美味しい物、作った物などなど。そしてときどきニャンコ。テンポ・プリモ=初めの速さで

いくつになったの?
カケルさんは、2006/11/06に(1歳10ヶ月12日)永眠しました。
みちるさんは、2007/03/07に(1歳9ヶ月26日)永眠しました。
レイちゃんは、2007/10/06に(1歳8ヶ月5日)永眠しました。
2007/01/06パールホワイトちゃん、お迎えしました。
2007/11/25ゴルハムブラックちゃん、お迎えしました。
ユキちゃんは、2009/04/15に(2歳4ヶ月14日)永眠しました。
2009/09/23キンクマちゃん、お迎えしました。
クロガネは、2010/04/07に(2歳5ヵ月6日)永眠しました。
ピリカは2011/07/19に(1歳10ヶ月24日)永眠しました。
2012/04/28ジャンハムブルサファちゃん、お迎えしました。 2012/10/06にゃんこ男子お迎えしました。 コテツは2013/06/26に(1歳3ヶ月1日)永眠しました。 2016/02/21影春(6歳5ヶ月)永眠しました。 2016/05/28にゃんこ女子お迎えしました。
タグ
タグ導入しました。↓の単語をクリックすると、記事に飛びまーす。

じゃがいも 北海道牛乳パン タミイボタン 豆パン 勉強会2011作品展 Lizbeth ニードルポイント マーガレット バッグハンガー 年輪 はらドーナッツ 桜2012 ココナッツミルクプリン 東京ばな奈キャラメル味 タティング グテ ハルくん 紙バンド ほぼ日 幸福のチョコレート2012 スーパームーン 米粉 お留守番 フレンチリリアン 永谷園生姜部 皆既月食 生チョコクロワッサン パンの缶詰め ミケさんコースター キャンドル 頂き物 たみいぼたん はしもとあやの先生 フュージング リズベス コテツ プリクションダイエットマルチケア おしどり コラボ いももち お汁粉 こぎん刺し オーバルニットルーム 初病院 ブルーインパルス カルトナージュ PEPSI ハーダンガー ハムスター Lizbeth見本帳111-120 あとりえシシカス ウール刺繍 初雪クイズ2011 おりぃぶさん マフラー ベーグル ステンドグラス ジャン・ポール・エヴァン 柚子 ピクルス 銀粘土 たえさん ビーズ織り 調味料マニア カクテルハート アナンさん 多肉植物 ケストラーさん ケロロ軍曹 チキントマト煮込み カツゲン 北海道大学 エントリー締め切り カレー粉 手作りパン オヤ ズゴックとうふ 病院 パン屋めぐり ホタテ干し貝柱 PASEO グリーンスムージー ロイズ ラベルニックゲーム オールドシェイル 当選者発表  自家製梅酒 歯医者 消しゴムはんこ なかしましほ フェリシモ ドルチェグスト 雑貨市 円座 そらまめくん rizbeth リバッチ そらまめさん オープン ガリレオ温度計 リラックマ ベルンド・ケストラー 1人鍋 燻製 じゅんじゅんさん ストルバイト結石 千島桜 イチョウ並木 セラムン モレッティ チゲ デコパージュ 手作り石鹸 リリアン カーテン どんぐり シフォンケーキ ジョアン さっぽろ雪まつり 加湿器 UchiCafe ピンク 炊き込みご飯 編み物 タッセル 花結び ロールケーキ パネマ 三國万里子 モンタボー パン さっぱち ロールキャベツ ゆめぴりか ビーズステッチ スマイルビスケット タブレット端末 変味ペプシ2011 スパイラルソックス 花編み タンザニア紅茶 フランスパン シトラス 圧力鍋 万年筆 いちご編み セレクトマーケット ショコラティエ 小樽 コラージュ ねこタワー デリカビーズ ハマナカ 裂き織り トマト煮込み 赤フン ライ麦 部分日食 ミルフィオリ セーラームーン ル・プティ・ブーレ ごぼうスープ あみもの 華麗 白樺水 アイシングクッキー Couturier 航空祭 エレポット お雑煮 Lizbeth見本帳100-110 銀杏 UVレジン ノールビンドニング 赤福 六花亭 シャドークイーン ビーズママ 刺しゅう ハゲ パオロボトーニ ヒルズ 東京焼きマカロンショコラ ケロリン桶 梅酒 羊毛フェルト 生姜 

プロフィール

チェレスタ

Author:チェレスタ
ボコ改めチェレスタです。札幌市在住。現在ハムさんとは暮らしておりません。趣味は食べる事とゲームと読書と手芸。ヲタクです(笑)ついに念願の猫さんをお迎えしました!

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
うらしっぽ隊
メールフォーム
コメント欄にコメントが入れられない方はこちらからご報告下さ~い!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
チューイくん新居へ
Category: 預かりボラ  
さて、タイトル通りですが
我が家でお預かり修行中だったチューイくん
1週間ほど前から里親希望者さんのお家にトライアルに
行っていたのですが、この度目出度く正式譲渡と
なったそうですー(*´▽`*)

3度目の正直。
やったね!チューイくん!!!

と言う事でもう我が家に戻ってくることはありません。
寂しいよりも嬉しい気持ちです。
幸せになるんだぞ。。。

最後に時間を巻き戻して、チューイくんが居た頃の事を
書きましょうか。
2週間丸々ケージ生活だったチューイくん。
小春ちゃんはケージに近づいてはシャー!!!!
だったのですが、頻度が減ってきたのと、なんとチューイくんの
方から、私の方をじーーーっと見てめんこい声で「にゃーん」って
鳴いたのでケージを開放してみたら、直ぐに外に出て来て
散策を始めました。普段は私と目が合うと目を逸らすのでw
よっぽど出たかったんでしょう。

DSC_0217.jpg

小春ちゃんはシャーシャー言いまくりですが、飛び掛かったりは
しません。外でもあたらないパンチを繰り出しているので
思わず笑ってしまいました。当たらなかったら意味無くない?
こっちくんなアピール?

平日は帰宅してからの数時間、休日でも半日ほどのケージ開放
でしたが、最後の数日は床に転がったりも出来てましたし
小春ちゃんにシャー!言われてパンチ(当たらない)されて
しょぼーんってなってるのが、不憫ながらも可愛かったです(笑)

DSC_0223.jpg

チューイくんはビビリーなだけで攻撃性皆無の超良い子。
ご飯もトイレも最初の日だけ食べる量が少なかっただけで
あとはモリモリ食べてくれたし、ケージ開放中は小春ちゃんの
食べ残したカリカリまで食べてましたw美味しかったのかな?

DSC_0230.jpg

我が家でお預かりしたのは、ほんの4週間だったけど一緒に
居れて楽しかったよ~。小春ちゃんがシャーシャー言いまくって
ゴメンね。。。新居で末永く幸せに楽しく過ごせます様に。
スポンサーサイト




預かりにゃん。
Category: 預かりボラ  
さて、諸事情の発表と行きますか。

_20180517_211615.jpg

じゃーん。

タイトルにもありますように、我が家の新顔くんでは
ありません。ご縁があって保護団体さんのボランティアさんから
お話があって預かって居る子です。
仮のお名前は「チューイ」くん。

はい、スターウォーズのチューバッカですね。
同時期の子にヨーダちゃんも居たしw
子猫の時に保護されて(野良)何度かトライアルに旅立ったものの
ビビリな上に猫が好きすぎて一匹だと寂しくて引きこもりになり
可愛そう・・と言う事で帰って来てしまっている子なのです。
次回のトライアルが来た時に向けて、預かりボランティアさんから
修行に出されました(笑)まだ2歳くらいの若者。
茶トラさんで5kgオーバーだけどガッチリ体型なんで
おデブな訳では無い。足がぶっとい。骨格的な事なんだろうなぁ。

DSC_0178.jpg

我が家に来たのは先週の14日。
ボラさん達が来ている間、小春ちゃんは隠れてしまっていた
のですが、出て来てしばらくしたら・・・。
ケージに近づいてウーウーシャーシャー。

(^。^;)

小春ちゃんのシャー、初めて聞いたわー。
遠くからでもシャーシャー。
先代ハルくんもシャーしない子でしたし、猫のウーシャーに
慣れて居ない私もビビる(笑)

シャーされている本人、チューイくんはケージの端っこで
縮こまっているだけで攻撃性は皆無。
猫に対してはシャーもしない。良い子だなぁ。

あ、私にはシャーしながらも、ちゅ~るは食べてますw
パンチもなければガブガブも無い、ホント良い子なんです。

小春ちゃんのウーシャーにチューイくんの鳴き声が響く夜。
私は耳栓着用で就寝。
そんな日々が3日続きまして、現在は小春ちゃんのシャーも
治まりつつあるのですが、一昨日くらいからケージに手を突っ込んで
パンチ・・・と言う、新たなステージに突入。
(本猫には当たってませんが)
出来れば仲良くなって欲しいのだが・・・無理そう・・・かな(^。^;)

今回の修行の主旨は猫が居る初めての家でどうなるか?
ケージから出れるか?
と言う事なので、小春ちゃんとの相性は関係ないのですけどね。
私が仲良くくっつく姿を見たいだけ・・・。
ビビリすぎてケージを開けっぱなしにしてお世話していても
全く出ようとしません(;^_^A そ、そろそろ散策してみない?

と言う事で、しばらくお預かりしてます。
何か進展があればまた登場するかも?

先日、また1人山で亡くなった。
彼の挑戦は無謀と言われても仕方がないとは思う。
何時この日がくるかも・・・とはどこかで思って居たけど
早すぎるよ・・・。
彼の魂は永遠にエベレストにとらわれてしまったのだろう。
私の周りには札幌山岳会に所属していて
先人が亡くなった山に遠征し挑んで帰ってきた人が居る。
雪崩に巻き込まれて生還した人も居る。
私自身は山には登らないけれど、身近な存在だ。
どうか、山で亡くなる人が増えませんように・・・。